【銀行員 コロナ】西日本シティ銀行でまた感染者。地銀最多の9人目

銀行員 コロナ
この記事は約2分で読めます。

西日本シティ銀行でまた感染者が公表されました。

8 月 23 日(日)、千早支店(福岡県福岡市)に勤務している職員 1 名  リリース

これで西日本シティ銀行は7月28日に二日市支店(福岡県筑紫野市)で行員の感染が確認された以降、9人目の感染者発生を公表しています

他の地方銀行で9人も感染者が発生した銀行はなく、近隣の銀行も感染者公表は1人か2人です。

感染者の内容を見ると、

①二日市支店(福岡県筑紫野市)
②久留米営業部のビル(福岡県久留米市)
③ビジネスサポートセンター※福岡(福岡県福岡市)
④東京支店(東京都中央区)
⑤荒江支店(福岡県福岡市)
⑥博多支店(福岡県福岡市)
⑦本部(福岡県福岡市)
⑧長住支店(福岡県福岡市)
⑨千早支店(福岡県福岡市)

となっていて、福岡市内の行員が多いのが分かります。

まず、お断りしますが、

断じて、コロナ感染者を差別したり、感染者がたまたま発生した銀行を責めたり、したいわけではありません。

ただ、どうして西日本シティ銀行でこれほど感染者が相次ぐのか?疑問があるのです。

他の銀行が感染者発生をリリースしていないので、西日本シティ銀行だけが目立つのではないか?

そんな疑問も頭をよぎります。

しかし、納得いく説明としては、①同じ社宅か同じ寮に入居している②飲み会をしたメンバー

といった銀行側が説明していないものはないのか?とも素直に疑問を生じてしまったのです。

関係者の皆さん、私の考えすぎであれば申し訳ありません。

感染した行員さんは重症化せずに、早く現場に復帰して、地域貢献、地方創生に力を発揮してください。

応援しています。

 

コメント