【銀行員 退職代行】おススメの退職代行は弁護士です

この記事は約3分で読めます。

退職代行を利用する人が増えています。

退職代行のメリットとデメリットについて、お話します。

銀行員 退職代行/弁護士に代行を任せる理由

〇弁護士サポートの退職代行サービス
弁護士が対応できる範囲は「雇用契約の解除」行為となり、
法律上の動きとなりますので、それらにまつわる未払い残業代、
有給取得を含む給与等の請求についてもスムーズに行うことが可能です。

また、弁護士が受任することによって後に響かない退職が可能です。

退職を代行してもらう場合、一般法人は退職日交渉すらできないのでトラブルになり損害賠償や懲戒解雇にされるケースもあります。

依頼するなら弁護士(手続き面倒で高い)に頼むか法適合の労働組合となります。

銀行員 退職代行/退職代行の主な流れ

退職代行の大まかな流れをご紹介します。

退職代行の流れ
  1. 無料相談
  2. 退職を依頼
  3. 料金の振り込み
  4. 退職代行の実行

1:無料相談

ほとんどの退職代行会社で「無料相談」を行ってくれます。

相談方法は電話・メール・LINEなど様々です。

2:退職を依頼

「無料相談」の時点でも退職の意思が固く、絶対に退職したい!という方は「退職依頼」に進みます。

退職代行業者にもよりますが、依頼の際に

  • どんな職場か
  • どんな環境で仕事をしているか
  • 辞めたいと思った理由はなにか 
  • どんな辞め方をしたいか 

などいろいろと話を詰めます。

3:料金の振り込み

依頼内容が固まったら、料金の振り込みを行います。料金は正社員・パートなど雇用状態によって異なりますよ。


当然ですが、料金の振り込みを行わないと、退職代行業者は動きません。

4:退職代行の実行

実行は早ければ振り込んだ当日に行われます。

銀行員 退職代行/退職代行業者を使うメリット

  • ハラスメント関係で上司と会いたくない人
  • 面倒な手続きをしたくない人
  • 自分の口から退職の意を表せない人
  • 退職の意を表したのに会社に揉み消されてしまう人

こんな人にメリットがあります。

銀行員 退職代行/弁護士が介在する退職代行業者を選びましょう

退職代行サービスを活用したいなら、基本的には『行政書士』もしくは『弁護士』が在籍している会社(退職代行サービスを扱っている会社)を利用するべきです。

退職代行会社を利用するときには、自分の勤め先に退職届や有休の取得など書面を送ることが多くなりますので、

後々のトラブルを回避するためにも、信頼度が高い退職代行サービスを活用したいなら弁護士介在を選びます。

また、弁護士が行っている業者は、未払い給料の回収や万が一の損害賠償請求まで対応しているので、

そういった恐れのある場合も安心です。

銀行員 退職代行/弁護士が介在する代表的な退職代行業者



退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!


メディア掲載実績多数!【退職代行ガーディアン】

まずはLINEで無料相談

顧問弁護士監修の退職代行です。
自由テキスト