【2023年銀行員 マイナビ金融エージェント】2023年銀行員の転職市場は変わる!!

転職
この記事は約10分で読めます。

銀行業界は、数ある業界の中でも上位の市場規模を誇り、就職・転職先としても常に人気の業界です。
一時はコロナ禍において採用活動が縮小されていた金融業界も、
現在は保険やフィンテック業界を筆頭に、求人数も回復傾向にあります。

金融業界と一言に言っても、銀行・証券・保険・リース・不動産金融など業種は様々で、
それぞれの役割や特徴も大きく異なります。まずは業種ごとの現在の転職市場や、
必要とされるスキルや求人ニーズを知ることから始めましょう。

2023年の転職市場は変わる!!コロナ禍での転職市場が落ち着きを取り戻し、特にリモート型のジョブが転職市場に溢れています!銀行員の転職にチャンスの時代がやってきました!

銀行員が転職活動を進めるなら「マイナビ金融エージェント」がおすすめです。

マイナビ金融エージェント

マイナビ金融エージェントは、金融業界経験者のための転職サポートを行なっているNo.1エージェント。

転職サポートはもちろん全て無料。

金融系の全ての職種に対応しており、銀行員のスキルを生かしてキャリアアップを期待できます。

メガバンク・地銀・証券・生保出身のキャリアアドバイザーが在籍しており、転職の成功事例をもとに、自分にぴったりのアドバイスを受けられます。

マイナビ 金融AGENT

またマイナビエージェントは、全国の各⽀店に法⼈営業担当者を配置し、⼤⼿上場企業や中⼩企業の他、ベンチャー企業も含めて多くの優良企業との接点があります。

もちろん業種チェンジや、金融業界だけでないキャリアチェンジの相談も可能です

業界ごとに企業と密なコミュニケーションを⾏い、信頼と実績を得てきたマイナビだからこそ、銀行員にぴったりの転職をサポートしてくれます。

対象金融業界経験者
地域全国
求人数275,000件

 マイナビ金融エージェントはこちら

金融業界の転職市場の特徴

金融業界は、他業界に比べて新卒採用が盛んな業界です。そのため、中途採用の枠は少ないイメージがありますが、必ずしもそんなことはありません。中には保険業界など、未経験の中途採用も積極的に行っている業界もあります。

そもそも、金融業界は銀行、証券会社、保険会社などさまざまな業種があり、それぞれ営業職やバックオフィス系の職種に加えて、金融業界特有の専門職など、幅広い職種があります。また、日本企業か外資系企業かによっても仕事の進め方などが異なり、金融業界と一口にくくることが難しく、志望する業種や職種、応募先の企業の採用傾向などを踏まえて、転職活動を行うことが大切になってきます。

なお、金融業界の転職においては、半年後くらいを見据え、早めに転職活動を行う方が多いです。マイナビ金融エージェントのご登録者様も、年々若年化が進んでいます。企業によっては引継ぎなどに時間がかかるパターンも多いですので、転職活動は早めかつ計画的に進めたほうがよいでしょう。

コロナ禍においての採用市場の変化

金融業界全体の転職市場動向としては、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて採用控えをしていた企業もありましたが、企業の採用温度感は回復傾向にあり、直近ではコロナ禍前に近づくくらいまで戻りつつあります。

早期に採用意欲を回復したのは金融業界の中でもいち早くWEB面接の導入に踏み切ったフィンテック・キャッシュレス業界です。また、保険の見直しのニーズが増加したことにより、保険業界の採用意欲も早期に回復しています。ついで、銀行や証券会社などの採用においても、以前の活況だった採用活動に戻りつつある状況です。

これを職種別にみていくと、特に回復傾向にあるのがコールセンター職です。これは、コロナの影響で対面での営業が難しくなり、非対面の営業ニーズが高まりつつあるためです。また、事務職も一定数求人が戻りつつあります。こちらは、コロナによる採用控えの反動が主な原因として考えられます。

マイナビ金融エージェントでは、コロナ禍でも望む転職先を得られるよう、ご登録者様のお話を丁寧にお聞きし、幅広い可能性を提供できるよう対応しています。

金融業界の年収

マイナビエージェントの調査によれば、「金融・コンサルティング・監査法人」全体の平均年収は421万円となっています。年齢別に見ていくと、20歳~24歳が306万円、25歳~29歳が393万円、30歳~34歳が488万円、35歳~39歳が512万円となっています。

「金融・コンサルティング・監査法人」は、「IT・通信」「メーカー」「商社」など、他の業種と比較しても高い平均年収を誇っています。「金融・コンサルティング・監査法人」内での平均ランキングは、コンサルティングファームや監査法人を除くと、第一位が「証券会社」で535万円となっています。続いて「リース・レンタル」が464万円、「銀行・労金・信金・信組」が448万円、「クレジット・信販」が442万円、「生命保険・損害保険」の438万円と続きます。

金融業界で求められるスキル・資格

金融業界への転職では、業界が必要とするスキルや資格を把握した上で、
必要な準備を行うなどの「戦略」が大切になってきます。
ここでは、金融業界で求められるスキルと資格について、それぞれ説明します。

求められるスキル

志望する企業や職種によっても異なりますが、金融業界で求められる代表的なスキルは、「コミュニケーションスキル」「柔軟性」「責任感と粘り強さ」の3つになります。

  • コミュニケーションスキル

    営業職はもちろん、専門職やバックオフィスの仕事もさまざまな人とかかわりながら業務を進めていきます。特に営業職の場合、コミュニケーションスキルが必須。法人営業・個人営業共に、採用側は求職者のコミュニケーションスキルを確認し、「円滑なコミュニケーションを図ることができるか」を判断します。

  • 責任感と粘り強さ

    金融業界はいずれもお金に関わる事業を展開しており、それゆえに働く社員は大きな責任を背負っています。さらに営業職の場合、数字達成などの目標もあります。そのため、金融業界で活躍する上で、「責任感と粘り強さ」が不可欠です。

  • 柔軟性

    対面での取引が主流だった時代は終わり、近年は、銀行、証券、保険会社のいずれも、インターネットを通した取引に力を入れています。国内外の経済情勢や金融情勢をいち早くキャッチするなど情報をキャッチアップする姿勢も求められるため、状況の変化にすばやく対応する「柔軟性」が求められます。

転職に有利になる資格

転職に有利になる資格は、どの金融機関に転職するかによって異なります。

  • 転職に有利になる資格
  • 銀行

    税・年金・資産運用といったお金に関する幅広い知識が身につく「ファイナンシャルプランナー」や、お客様に金融商品を販売する上で不可欠となる資格「外務員資格」がお勧めです。また、営業職の場合、応募要件に「要普通免許」と記載されている求人が少なくありません。そのため、普通自動車免許の資格も求められます。

  • 証券会社

    証券会社の場合、銀行と同様にお客様に金融商品を販売することから「ファイナンシャルプランナー」や「外務員資格」の資格保有者が転職に有利になる傾向があります。また、株式を発行している企業を分析し、株価が適切であるかを評価する「証券アナリスト」も、転職において高く評価される資格の一つです。

  • 保険業界

    保険業界では、「保険募集員」の資格保有者でなければ保険の勧誘や販売ができないため、まずは保険募集員の資格取得を目指しましょう。このほか、「ファイナンシャルプランナー」も、金融や税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など、保険業界で役立つ知識を広く習得できるので、お勧めです。

    志望動機のポイント

    金融業界や志望先企業への理解を深めた上で志望動機をまとめることで、採用の可能性を高めることができます。

    • なぜ、金融業界を志望したのか

      まずは、他の業界ではなく、金融業界を志望した理由について整理しましょう。金融業界は経済活動の血液ともいわれるお金の流れを支えており、社会貢献度の高い事業を展開しています。このような金融業界ならではの特徴を理解することで、「お金」に関わる金融業界でなければ達成できないことを、志望動機としてまとめていきましょう。

    • なぜ、その企業を志望しているのか

      次に、「なぜその企業を志望したのか」を明確にしましょう。
      コーポレートサイトなどで、経営理念や事業内容、働く環境などを調べていくと、その企業ならではの特徴が見えてきます。また、同業他社と比較するのも、企業研究において有効です。志望する企業の特徴が見えてきたら、「どのような点に魅力を感じたのか」を自分の言葉でまとめていきましょう。

    • アピールポイントをまとめる

      最後にキャリアの棚卸をし、志望する企業にアピールしたいポイントを整理します。過去の経験を振り返り、これまでの経験で身につけたスキルを志望先の企業でどのように活かすことができるのか、洗い出していきましょう。「私はこれが強みだから」と一方的にアピールしたいポイントをまとめるのではなく、志望する企業がどのような人材を求めているか理解した上で、その人材像にマッチしている点をアピールすることが大切です。

    以上の点を踏まえて、志望する企業で「成し遂げたいこと」をアピールすると良いでしょう。

    面接での答え方のポイント

    志望動機は履歴書などの書類に記述するほか、多くの企業が面接で質問します。
    そのため、口頭での答え方も準備しておくと良いでしょう。

    • 結論から伝える

      面接では、限られた時間を有効に使って、自分自身をアピールすることが大切です。そこで、結論から伝えて、端的にわかりやすく説明しましょう。面接の受け答えがスムーズに進むと、「コミュニケーションスキルがある」と評価してもらえます。

    • 志望度の高さをアピールする

      志望動機をまとめるポイントの「なぜ、その企業を志望先しているのか」をしっかりと深掘りして、志望動機の高さをアピールしましょう。入社への想いを言葉だけでなく、身振りや手ぶり、表情にも込めましょう。

    • 問に対する答えを準備する

      口頭でのコミュニケーションに自信がない方は、事前に答えをまとめておくのも良い方法です。突っ込んだ質問を受けても動じずにいられるよう、さまざまな質問を想定し、答えられるようにしておきましょう。

      質問・Q 女性が活躍しやすい金融業界の職種はなんですか?                A/ 金融業界で女性が活躍している職種は、事務系総合職です。特に保険事務、住宅ローン事務などは専門性が高く、ニーズの高い職種です。長く金融業界で活躍されたい方は、保険事務、住宅ローン事務の仕事に絞って転職活動を行い、スキルを磨くことをお勧めします

      銀行員が転職活動を進めるなら「マイナビ金融エージェント」がおすすめです。

      マイナビ金融エージェント

      マイナビ金融エージェントは、金融業界経験者のための転職サポートを行なっているNo.1エージェント。

      転職サポートはもちろん全て無料。

      金融系の全ての職種に対応しており、銀行員のスキルを生かしてキャリアアップを期待できます。

      メガバンク・地銀・証券・生保出身のキャリアアドバイザーが在籍しており、転職の成功事例をもとに、自分にぴったりのアドバイスを受けられます。

      マイナビ 金融AGENT

      またマイナビエージェントは、全国の各⽀店に法⼈営業担当者を配置し、⼤⼿上場企業や中⼩企業の他、ベンチャー企業も含めて多くの優良企業との接点があります。

      もちろん業種チェンジや、金融業界だけでないキャリアチェンジの相談も可能です

      業界ごとに企業と密なコミュニケーションを⾏い、信頼と実績を得てきたマイナビだからこそ、銀行員にぴったりの転職をサポートしてくれます。

      対象金融業界経験者
      地域全国
      求人数275,000件

       マイナビ金融エージェントはこちら

      転職面接で銀行員が聞かれる質問は?

      (質問内容に、入行1年目の若手転職希望者も含めました)

      まとめ

      金融業界は、数ある業界の中でも上位の市場規模を誇り、就職・転職先としても常に人気の業界です。
      一時はコロナ禍において採用活動が縮小されていた金融業界も、
      現在は保険やフィンテック業界を筆頭に、求人数も回復傾向にあります。

      金融業界と一言に言っても、銀行・証券・保険・リース・不動産金融など業種は様々で、
      それぞれの役割や特徴も大きく異なります。まずは業種ごとの現在の転職市場や、
      必要とされるスキルや求人ニーズを知ることから始めましょう!

      あわせて読みたい記事はこちら

コメント