銀行員のコロナの影響

銀行員 コロナ

銀行のコロナ感染症対策。海外では本部機能を災害復旧拠点に分散中。

海外ではコロナ感染対策として本部と災害復旧施設に機能を分散することを急いでいる。 金融機関の拠点にはトレーダーやリスク管理者など、市場と向き合う多くの人が集中しており、感染者が広がれば金融取引に支障が出かねず、各社は代替施設での訓練など業務継続策の確認を急いでいるだ。
銀行員 コロナ

伊予銀行でコロナ感染者。支店の休業は全国初。頭取が記者会見で風評に警戒感。

3月2日、伊予愛南支店に勤務している女性行員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。 愛媛県内で初めての感染者です。高知市で感染が確認された30代女性看護師と友人で、大阪市のライブハウスで行動を共にしていました。金融界から見たコロナ感染に関わる課題を整理します。
銀行員 コロナ

銀行員がコロナに感染。三菱UFJ銀行の江南支店で。BCP計画見直しに波及。

三菱UFJ銀行江南支店で行員がコロナに感染。この報道を受けて全国の金融機関が対応を迫られる事態に。職種や勤め先企業名、支店名まで全国ニュースになったのは初めてです。感染者が出た場合の広報体制や事業継続などあらゆる角度から対応が迫られます。