経済情報発信ブロガー

逮捕

【着服】愛知銀行の女性行員、勤務中に金庫から500万円を盗む

7月1日、愛知銀行蟹江支店で行員による窃盗事件が発生しました。現金500万円を盗んだとして銀行員の女が逮捕されました。逮捕されたのは愛知銀行員加藤加代子容疑者(59)。6月29日、出納係として勤務する蟹江支店で、現金500万円を盗んだ疑い。
着服

1月に2件の不祥事が発覚した福島県商工信組。6月に3件目の不祥事が発覚

福島県商工信用組合でまた不祥事。監査課の女性係長が30年間の長期間に及ぶ着服で、しかもその間に、別の不祥事が起きた際の類似事件調査を何度もすり抜けて、被害額も増えてしまいました。まさに再発防止策が徹底されなかった一例です。
着服

【逮捕】6月1日、瀬戸信金元職員の初公判。不正引き出しで逮捕。

顧客のキャッシュカードを使って不正に預金を引き出したとして、窃盗罪に問われた瀬戸信用金庫の元職員、杉浦克也被告の初公判が名古屋地裁であり、杉浦被告は起訴内容を認めた。高齢女性六人のキャッシュカードを八十回以上にわたって計四千六十万円を不正に引き出した。
着服

【着服】東邦銀行元行員を逮捕。約2800万円着服で。

顧客の預金を着服したとして栃木県警捜査2課などは5月28日、東邦銀行宇都宮支店の元行員・古張卓未容疑者(29)を業務上横領容疑で逮捕した。同課は、総額約2800万円を着服した疑いがあるとみて調べている。
新型コロナ

【新型コロナ】銀行が店舗の削減や小型化を加速。アフターコロナの銀行の未来像

銀行が支店をどんどん小さく小型化します。マイナス金利政策で低金利が長引き、従来のビジネスモデルが成り立ちません。そこに、今回の新型コロナが追い打ちをかけたカッコウです。厳しい経営環境が続いているため一層のコスト削減で合併再編するところも当然出てくると予想されます
着服

宮崎銀行元行員に約6500万円の損害賠償判決、顧客から1億円以上を着服。

5月21日、宮崎銀行の元行員に約6500万円の損害賠償判決が出ました。顧客から1億円以上を着服した事件です。宮崎銀行も訴えられています。
銀行員 コロナ

【リストラ】三菱UFJ銀行が店舗数を40%減に。銀行でリストラが急進するわけは?

三菱UFJフィナンシャル・グループは20日、三菱UFJ銀行の2023年度末の店舗数を300程度にする計画を明らかにした。17年度末と比べて40%減となる。
経済ニュース

群馬銀行が新設口座で管理手数料を導入

6月から新規に開設する普通預金口座と総合口座について、2年以上取引がなかった場合は、年額1320円(税込み)の管理手数料を徴収すると発表した。新設口座で手数料と聞けば、誰しも、口座開設手数料を想像してしまうでしょう。という地方銀行がメガバンクに先駆けて口座開設手数料を新設したのかと、驚いてしまいました。ミスリードです。
経済ニュース

【銀行員リストラ】三井住友フィナンシャルグループ、本部人員を3割減。

三井住友フィナンシャルグループ(FG)は本部人員を2022年度までに3割減らす計画だ。業務の見直しや削減を進め、成長領域に人員を振り向ける。低金利環境の長期化で銀行は従来のビジネスモデルからの転換を迫られており、成長に向けた大幅な見直しに着手する。
経済ニュース

「銀行が住宅ローン返済支援」は本当か?金利上昇に備えは?

新型コロナウイルス感染拡大による収入減で住宅ローン返済が困難になった人を支援しようと、銀行などが返済期間を延長して月々の返済額を減らしたり、手数料なしで融資の条件変更に応じたりする取り組みを始めた。緊急事態宣言の延長で収入減が深刻化する恐れもある。果たして、銀行は住宅ローンを借り入れる個人客にまで、目配りをしてくれるのでしょうか?