銀行 事件

着服

池田泉州銀行 桃山台支店で2つの着服事件発生の謎

池田泉州銀行 桃山台支店で2つの着服事件が同時進行? 池田泉州銀行が11月12日に公表し、記者会見を開いた着服事件。 一部マスコミから2019年にも同行が着服事件を発生させていることに厳しい追求がありました。しかし、よく調べてみると、 この2年前の着服事件と今回の事件は、同じ支店で同時期に発生している可能性があります。
着服

【銀行員 着服】三井住友信託銀行の元行員が驚異の3億7000万円を着服

巨額の着服事件が三井住友銀行で発覚しました。 その額は、2020年に起きた北國銀行の行員の着服事件(発覚時3億6600万円)を上回る金額です。 しかし、資金使途や着服期間がはっきりしておらず、この事件は続報があるのかもしれません。
銀行 事件

【カーシェア 破産】被害者の自動車ローンに銀行の関与は?

カーシェア会社(グループ)が突然、車の所有者に「破産手続きに入る」と通知し、波紋を広げている。 車を個人間で「共同使用」するビジネスモデルだが、その内容は「かぼちゃの馬車」によるルームシェア問題を思い起こさせるものだ。仕組みがサブリースに似ているからだ。
銀行 事件

【銀行 事件】関西みらい銀行、偽造書類で住宅ローン251億円

関西みらい銀行は18日、和歌山支店で2005~19年に不正な住宅ローンの取り扱いがあったと発表。不正が疑われる融資は最大で1151件、計251億円に上る。一部の行員が不正を知りながら融資を実行していた。住宅ローンの利用者には被害がない。