【銀行員 信金職員 逮捕】高崎信金、秋田銀行、千葉県内信金職員が逮捕。

逮捕
この記事は約4分で読めます。

新型コロナ対応で金融界が手一杯になっていますが、着服や下着窃盗で銀行員と信金職員がそれぞれ逮捕されています。

9月4日 2つの信金で職員が事件に

毎日新聞の記事によると

高崎信用金庫(群馬県高崎市)は9月4日、高崎市内の支店勤務の男性職員(33)が計2223万9000円を着服したとして、8月14日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。高崎信金によると、男性職員は2018年8月~20年6月、定期積金の掛込金や普通預金の入金のために預かった現金などを着服していた。パチンコや競輪などのギャンブルなどに使っていたという。着服金を入金の穴埋めに充てていたことも複数回あったという。 通帳に記載された定期積金の掛込金の入金日と、男性職員が集金した日の日付が違うと顧客から問い合わせがあり、調査を進めた結果、6月25日に判明した。男性職員側が全額弁償しているとして刑事告訴はしない方針。高崎信金は「徹底した発生要因分析を行い、不祥事件を二度と発生させないよう全職員が一丸となり、全力で再発防止に取り組む」としている。
地元の上毛新聞はやや書き方が異なります。以下、上毛新聞記事によると

顧客から預かった定期積金の掛込金など1334万6000円を着服していたとして、群馬県の高崎信用金庫(新井久男理事長)は4日、男性職員(33)を懲戒解雇処分にしたと発表した。処分は8月14日付。経営責任を取り代表理事3人の役員報酬について、理事長は10%(2カ月)、専務理事と常務理事はそれぞれ5%(同)を減額する。 同金庫によると、元職員は2018年8月~今年6月、営業担当をしていた個人や法人の定期預金、定期積金、普通預金計50口の解約金や払戻金、掛込金などを入金せずに着服したとされる。同金庫の調査に対し、元職員は着服を認め、「パチンコや競輪で使用した」などと話しているという。17年10月に着任した高崎市内の支店で着服を重ねていた。 元職員と家族、親族が全額を弁済したことなどから同金庫は刑事告訴しない方針。

役員の報酬カットまで踏み込んでいる記事です。一般紙と違って、実額の着服金を書いているので、他の報道と1千万円ほど横領額に差があります。

しかし、1300万円あまりの着服を全額返済したからといって、刑事告訴しないのは、かなり温情です。普通は後日逮捕されるケースです。瀬戸信金は4千万円を超える着服(窃盗)でしたが実刑判決でした。

しかも、職員の処分は8月14日付なので、どうして発表まで半月もかかったのでしょうか?役員の処分を決めていたというのは言い訳になりません。事件発覚も6月25日ですから発表まで二か月以上もかかっています。

もうひとつ、9月4日の事件。

千葉県内の信金職員が下着を盗んで逮捕

成田署は3日、住居侵入と窃盗(空き巣)の疑いで千葉市花見川区、信用金庫職員の男(25)を逮捕した。逮捕容疑は昨年6月12日午後4時~13日午前6時ごろ、八千代市内に住む20代の女性看護師方に侵入し、室内から女性用下着7点(6千円相当)を盗んだ疑い。 同署によると、容疑を認めている。2人に面識はなく、別の事件の捜査から容疑者が浮上した。
千葉日報の記事から引用しました。千葉日報は実名報道していますが、どこの信金の職員かはわかりません。
千葉県花見川区に住んでいるからといって、千葉県内の信金に勤務しているとも限りません。
勤め先の信用金庫も「当信金職員が下着泥棒で逮捕されました」というリリースを配信しないかぎり、わからないから黙っているのでしょうか?
わざわざ下着を盗んだ相手が、女性看護師と職業を明らかにしているのは、どういう意味でしょう?看護師だから、狙われたとでも?女性蔑視、職業差別では?
9月10日は秋田銀行で
NHK秋田放送局のニュース記事から引用です

秋田銀行の支店に勤務していた36歳の元行員が、去年5月、顧客から依頼されたように装い、顧客の口座から、不正に開設した第三者名義の口座に送金させ、銀行が管理する300万円をだましとったなどとして、詐欺などの疑いで逮捕されました。逮捕されたのは、秋田市保戸野すわ町に住む秋田銀行の元行員、藤盛澄香容疑者(36)です。
警察によりますと、藤盛元行員は、去年5月、秋田市にある秋田銀行の外旭川支店に勤務していた際、銀行の同僚に対し、顧客から依頼されたように装い、顧客の口座から不正に開設した第三者名義の口座に送金させ、銀行が管理する300万円をだましとったなどとして、詐欺などの疑いが持たれています。調べに対し、「間違いありません」などと話し、容疑を認めているということです。藤盛元行員について、秋田銀行は去年11月、顧客の預金から繰り返し現金を不正に引き出し、平成27年12月からおよそ4年間に、あわせて2400万円余りを着服したとして、懲戒解雇の処分にしています。
警察は、事件のいきさつを詳しく調べることにしています。元行員の逮捕を受け秋田銀行は、「地域の皆様にご心配とご迷惑をかけ、心からおわび申し上げます。今回の事件を厳粛に受け止め、行員のコンプライアンス教育などの再徹底に取り組んでいて、今後も内部の管理態勢のいっそうの充実や強化に努め、信頼回復に取り組みます」とコメントしています。

昨年5月に事件を実行し、その後の銀行の調査で被害額が判明したところで解雇され、およそ一年後の逮捕です。

総額は2400万円ほど。高崎信金は全額返済を理由に刑事事件はしない方針なので、金融機関と事件性によって対応は分かれて来るのでしょう。

 

 

コメント