着服

着服

1月に2件の不祥事が発覚した福島県商工信組。6月に3件目の不祥事が発覚

福島県商工信用組合でまた不祥事。監査課の女性係長が30年間の長期間に及ぶ着服で、しかもその間に、別の不祥事が起きた際の類似事件調査を何度もすり抜けて、被害額も増えてしまいました。まさに再発防止策が徹底されなかった一例です。
着服

【逮捕】6月1日、瀬戸信金元職員の初公判。不正引き出しで逮捕。

顧客のキャッシュカードを使って不正に預金を引き出したとして、窃盗罪に問われた瀬戸信用金庫の元職員、杉浦克也被告の初公判が名古屋地裁であり、杉浦被告は起訴内容を認めた。高齢女性六人のキャッシュカードを八十回以上にわたって計四千六十万円を不正に引き出した。
着服

【着服】東邦銀行元行員を逮捕。約2800万円着服で。

顧客の預金を着服したとして栃木県警捜査2課などは5月28日、東邦銀行宇都宮支店の元行員・古張卓未容疑者(29)を業務上横領容疑で逮捕した。同課は、総額約2800万円を着服した疑いがあるとみて調べている。
着服

宮崎銀行元行員に約6500万円の損害賠償判決、顧客から1億円以上を着服。

5月21日、宮崎銀行の元行員に約6500万円の損害賠償判決が出ました。顧客から1億円以上を着服した事件です。宮崎銀行も訴えられています。
着服

中南信用金庫で2件の着服。ともに20代男性職員が犯行。

2月26日に公表された神奈川県内の中南信用金庫で発生した着服事件です。それぞれ、20代男性職員による2件の着服が明らかになりました。会見は開かず、着服理由もトンデモない話です。
着服

不祥事が多発する鹿児島県。とうとう鹿児島銀行でも着服事件発生。

鹿児島銀行の元行員が、顧客のカードローンを使って無断で借り入れをし、2700万円を着服していたことが分かりました。
着服

北海道銀行で着服。20代の若手行員が犯行。昨年6月に続き着服の不祥事が発生。

北海道銀行で着服事件。20代の男性行員が9万5千円を着服。不祥事が連続して発生する北海道銀。同日に北國銀行が、今回と同じく20代男性行員の3億円を超える着服事件を公表し、衝撃を与えました。北海道銀行は、まったく同じ日に着服事件を公表したのですが、ほとんど全国ニュースに取り上げられませんでした。金額の差はありますが、信用をモットーとする金融機関で起きた不祥事です。
着服

詐欺で逮捕の女性職員。信金名は公表せず。発表もなし。

振り込め詐欺防止に力を注ぐ信用金庫の職員が自ら詐欺犯罪の片棒を担いだという事件ですが、実際の勤め先の信用金庫の名前は報道されていません。また、職員が逮捕されたことを謝罪するコメントを出した信用金庫も今のところ見当たりません。今後の捜査の進展では、着服や横領など余罪も出てくる可能性がありますが、地域の心配をよそに、職員逮捕を公表しないで済むのでしょうか?信金全体のイメージを損なう対応です。
着服

3億円を超える着服が北国銀行で発覚。

巨額の着服事件が発生しました。しかも、期間が1年間で、金額は3億6000万円です。従来と異なる新手の着服方法で、額が大きくなりました。手口に加え、資金使途も解明されておらず、また、記者会見の有り様まで、様々な課題を見せています。2月21日に公表されたこの事件をチェックしていきます。
着服

瀬戸信金職員が再び逮捕。2月21日に余罪が発覚で。

顧客のキャッシュカードで現金100万円を引き出したとして逮捕された、瀬戸信用金庫に勤めていた男が、他の顧客らからも不正に2500万円余りを引き出していた疑いが強まり、警察は近く再逮捕する方針を固めた。